アフターピルと長距離と28日について

長距離の旅行にもアフターピルを持っていく女性達ピルとは一般的に妊娠を防ぐための経口避妊薬として知られており、日本でも多く利用されています。一口にピルといってもさまざまな種類がありますし、目的に合わせて使い分けていく必要があります。避妊のために服用することはもちろん、生理痛の改善や子宮内膜症の治療、がんの予防、ニキビの改善などにも使用されるということです。また、生理予定日の長距離の旅行や出張などに行く場合、生理日をずらすこともできます。アフターピルというのはピルの一種なのですが、避妊に失敗した時に服用することで緊急的に妊娠を予防することができます。この薬は性交渉をしてから72時間以内に服用することで効果を得られるとされており、72時間を過ぎてしまうとほとんど効果が無くなってしまうため、妊娠を希望しない場合はできるだけ早く服用するようにしましょう。生理痛の軽減などが目的で処方されるのは低用量ピルと呼ばれるものであり、1日1錠を決まった時間に服用する必要があります。継続服用することで症状の緩和に役立つということですが、低用量ピルには21日タイプと28日タイプの2つがあります。21日タイプは21日間薬を飲んで7日間は薬を飲まないというタイプであり、28日タイプは21日分のホルモンが含まれた薬と7錠の偽薬がセットになっています。ピルは飲み忘れてしまうと効果が無くなってしまうため、飲み忘れが不安な場合は28日タイプの薬を選ぶと良いでしょう。ピルは婦人科や内科などの医療機関で処方してもらえるということですが、避妊目的の場合は自由診療となります。ピルの服用をしたいという場合、医療機関に問い合わせて料金などを確認しておくと良いでしょう。恋人やパートナーがいる場合、愛情表現として性交渉をすることもあるかもしれません。妊娠しても良い場合は避妊を考える必要はありませんが、妊娠したくない場合はしっかりと避妊を行う必要があります。避妊に気を付けていてもコンドームだと破れてしまうことがありますし、外れて避妊に失敗してしまうこともあるので注意しましょう。妊娠を望まないのに避妊に失敗してしまった場合、すぐに医療機関で診察を受けてアフターピルを処方してもらうことが大切です。しかし、長距離旅行をしている間など医療機関にすぐ行けないことも考えられますし、いざという時のためにアフターピルを常備しておくのも良いかもしれません。それによって恋人やパートナーと楽しい時間を過ごせるでしょう。

関連記事

  • 男性がアフターピルを入手する方法

    避妊薬として知られるのが低用量ピルです。もともと重い月経痛などの治療目的で開発された薬ですが、避妊の効果も得られることから避妊薬と...

    男性もアフターピルを入手できるか調べている男性
  • アフターピルと続発性自然気胸と手術

    日本ではかつて中用量や高用量のピルが使われていたのですが、最近では低用量ピルが使われることが増えています。低用量ピルには高い避妊効果がありますし、月経困難症や生理不順の改善にも役立ちます。また、副作用も起こりにくいため、ピルの副作用が不安な人でも飲みやすくなっているのです。しかし、低用量にすることで不正出血が起こったり、飲み忘れなどのリスクもあります。続発性自然気胸と...

  • アフターピル、コンドーム、ペッサリーの長所と短所

    避妊法には、いろいろな種類があります。男性が行うもののあれば、女性が行うものもあります。 その中から、アフターピル、コンドーム、ペッサリーの長所と短所をまとめておきましょう。 アフターピルは、中用量ピルです。 エストロゲン含有量がちょうど50μgのピルを中用量ピルと言います。50μg未満が低用量ピルです。 避妊をしなかった性交やコンドームの破損等で避妊...

  • アフターピルと長距離と28日について

    ピルとは一般的に妊娠を防ぐための経口避妊薬として知られており、日本でも多く利用されています。一口にピルといってもさまざまな種類があ...

    長距離の旅行にもアフターピルを持っていく女性達
  • アフターピルとリズムと確実について

    リズム法とは女性の月経周期によって起こる体の変化を元に、妊娠しやすい日と妊娠しにくい日を予測するという避妊方法です。しかし、単独の...

    アフターピルの一種であるロエッテの画像
  • アフターピルを時間内に接種できなかったら

    アフターピルは性行為後72時間以内に服用することが基本となっており、どのような産婦人科でも基本的には72時間をボーダーラインとしてアフターピルの処方の可否を判断します。72時間以内に産婦人科を受診できなかった、しかし避妊はしなくてはならないなどの場合、判断は産婦人科によって異なるでしょう。もちろん産婦人科によってはそれでも処方をしてくれることはあるでしょうし、海外では...