母乳を与えてるなら日付に注意してアフターピル使用

アフターピルの服用期間を気にしながら赤ん坊に母乳を与える母親アフターピルとは、万が一避妊に失敗した場合でも72時間以内であれば妊娠を阻止できる緊急避妊薬のことです。基本的にはコンドームや低用量ピルなどを使って避妊しておくのが一般的で確実性も高いのですが、中には飲み忘れてしまったり破れたりして避妊に失敗してしまうこともあるでしょう。このような時に、恋人同士はもちろん夫婦であっても使用できる避妊薬として非常に助けとなってくれるのです。

アフターピルは、服用することで体内のホルモンバランスを調節し、人工的に整理を起こさせることで受精卵が着床するのを防ぎます。一般的に72時間以内であれば効果があるとされていますが、避妊の失敗から時間が経っていなければいないほど、避妊効果は高くなります。服用後はおよそ数日から3日以内に消退出血という出血が起こり、これによって避妊が成功したと確認できます。効果の非常に強い薬なのですが、それだけに母乳で赤ちゃんを育てているお母さんは使用に注意が必要です。

1人目の赤ちゃんがまだ小さい場合、母乳を与えている人も多いでしょうがアフターピルはホルモンに働きかける薬です。このため、母乳を通して赤ちゃんに成分が移行してしまうと、赤ちゃんの小さな体に大きな負担がかかってしまうのです。アフターピルに限らず、一般に使用される低用量ピルも授乳中の使用は厳禁とされているので、大切な赤ちゃんの健康に被害を与えないためにも使用は控えましょう。それでもどうしても使用しなければならない場合は、服用した日付をしっかり記録しておくことが大切です。一般的に、母親が服用した薬の成分は最低でも24時間は母乳に移行すると言われています。この時間内にうっかり授乳してしまうと赤ちゃんに悪影響が出てしまう可能性が高いので、丸1日は授乳を中止して粉ミルクをあげるようにしましょう。24時間というのはあくまでも最低限の時間であり、できれば丸2日以上は間を開けることが望ましいとされています。ちなみに、24時間というのは服用した時間や日付けからではなく、2回に分けて服用するアフターピルの最後の1錠を飲んだ時間からカウントが始まるので間違えないようにしておきましょう。授乳を中止している間は、できるだけ頻繁に搾乳し、おっぱいの中の母乳が綺麗に入れ替わるようにしておきましょう。こうしておけば、薬の成分が残ったものを赤ちゃんに飲ませずに済むうえ、おっぱいの出が悪くなってしまうこともありません。

関連記事

  • 母乳を与えてるなら日付に注意してアフターピル使用

    アフターピルとは、万が一避妊に失敗した場合でも72時間以内であれば妊娠を阻止できる緊急避妊薬のことです。基本的にはコンドームや低用...

    アフターピルの服用期間を気にしながら赤ん坊に母乳を与える母親
  • 男性がアフターピルを入手する方法

    避妊薬として知られるのが低用量ピルです。もともと重い月経痛などの治療目的で開発された薬ですが、避妊の効果も得られることから避妊薬と...

    男性もアフターピルを入手できるか調べている男性
  • アフターピルと続発性自然気胸と手術

    日本ではかつて中用量や高用量のピルが使われていたのですが、最近では低用量ピルが使われることが増えています。低用量ピルには高い避妊効果がありますし、月経困難症や生理不順の改善にも役立ちます。また、副作用も起こりにくいため、ピルの副作用が不安な人でも飲みやすくなっているのです。しかし、低用量にすることで不正出血が起こったり、飲み忘れなどのリスクもあります。続発性自然気胸と...

  • アフターピル、コンドーム、ペッサリーの長所と短所

    避妊法には、いろいろな種類があります。男性が行うもののあれば、女性が行うものもあります。 その中から、アフターピル、コンドーム、ペッサリーの長所と短所をまとめておきましょう。 アフターピルは、中用量ピルです。 エストロゲン含有量がちょうど50μgのピルを中用量ピルと言います。50μg未満が低用量ピルです。 避妊をしなかった性交やコンドームの破損等で避妊...

  • アフターピルと長距離と28日について

    ピルとは一般的に妊娠を防ぐための経口避妊薬として知られており、日本でも多く利用されています。一口にピルといってもさまざまな種類があ...

    長距離の旅行にもアフターピルを持っていく女性達
  • アフターピルとリズムと確実について

    リズム法とは女性の月経周期によって起こる体の変化を元に、妊娠しやすい日と妊娠しにくい日を予測するという避妊方法です。しかし、単独の...

    アフターピルの一種であるロエッテの画像