男性がアフターピルを入手する方法

男性もアフターピルを入手できるか調べている男性避妊薬として知られるのが低用量ピルです。もともと重い月経痛などの治療目的で開発された薬ですが、避妊の効果も得られることから避妊薬として知られるようになったのです。避妊薬としての低用量ピルの存在は皆の知るところとなりましたが、アフターピルの存在を知っている方はそれほど多くないようです。こちらはアフターと名がつくように、後で飲むことで妊娠を防ぐ薬です。低用量ピルは継続摂取によってほぼ99パーセントの避妊ができますが、アフターピルは性行為の後72時間以内に飲むことで着床を防げる薬で、24時間以内に飲むことで9割は防げると言われています。9割とはいっても1割は妊娠の可能性があるので、できればほかの方法で避妊すべきですが、コンドームが破れた・外れた、意図せずに行為となったなど、万が一の際に利用するのがアフターピルとなっています。
行為の後に飲むことで妊娠を防げるというと、非常に体に悪いのではないかと勘違いされる方が多いかもしれません。もちろん体にいいわけはないですが、ホルモンに作用して人工的に生理を引き起こさせるので、強い薬で着床を阻害するわけではなく、思ったほど体に悪くはないのです。意図しない妊娠をして堕胎をするよりも、こういった薬で妊娠を防ぐ方が体への影響が少ないのです。
アフターピルは基本的に婦人科などを本人が受診して処方してもらえます。ただ、72時間以内、早ければ早いほうがいいと急を要するので、ことが起こってから病院を探して受診となると時間が刻々とたっていきます。そうなると避妊を失敗する可能性も高まるので焦ってしまうでしょう。そうならないようにあらかじめ入手しておくと便利かもしれません。こちらも女性本人がクリニックなどで出してもらうべきですが、男性が持っておくという方法もあることはあります。ただ、男性の場合、女性に妊娠させてしまうかもしれないという目的で処方してもらうことは無理です。というのは通常女性に処方する前には問診や触診などをして出して大丈夫かを確認するからです。男性ではそれができないので処方はしてもらえません。それでもどうしても男性が入手したいというなら通販があります。ただ、こちらも男性名義では買えないところがほとんどなので、だれか知人の名義を借りるしかありません。宅配便の名目は「雑貨」などアフターピルであることはわからないようにしてくれているので、荷物を開けられない限り知人にばれることもありません。

関連記事

  • 男性がアフターピルを入手する方法

    避妊薬として知られるのが低用量ピルです。もともと重い月経痛などの治療目的で開発された薬ですが、避妊の効果も得られることから避妊薬と...

    男性もアフターピルを入手できるか調べている男性
  • アフターピルと続発性自然気胸と手術

    日本ではかつて中用量や高用量のピルが使われていたのですが、最近では低用量ピルが使われることが増えています。低用量ピルには高い避妊効果がありますし、月経困難症や生理不順の改善にも役立ちます。また、副作用も起こりにくいため、ピルの副作用が不安な人でも飲みやすくなっているのです。しかし、低用量にすることで不正出血が起こったり、飲み忘れなどのリスクもあります。続発性自然気胸と...

  • アフターピル、コンドーム、ペッサリーの長所と短所

    避妊法には、いろいろな種類があります。男性が行うもののあれば、女性が行うものもあります。 その中から、アフターピル、コンドーム、ペッサリーの長所と短所をまとめておきましょう。 アフターピルは、中用量ピルです。 エストロゲン含有量がちょうど50μgのピルを中用量ピルと言います。50μg未満が低用量ピルです。 避妊をしなかった性交やコンドームの破損等で避妊...

  • アフターピルと長距離と28日について

    ピルとは一般的に妊娠を防ぐための経口避妊薬として知られており、日本でも多く利用されています。一口にピルといってもさまざまな種類があ...

    長距離の旅行にもアフターピルを持っていく女性達
  • アフターピルとリズムと確実について

    リズム法とは女性の月経周期によって起こる体の変化を元に、妊娠しやすい日と妊娠しにくい日を予測するという避妊方法です。しかし、単独の...

    アフターピルの一種であるロエッテの画像
  • アフターピルを時間内に接種できなかったら

    アフターピルは性行為後72時間以内に服用することが基本となっており、どのような産婦人科でも基本的には72時間をボーダーラインとしてアフターピルの処方の可否を判断します。72時間以内に産婦人科を受診できなかった、しかし避妊はしなくてはならないなどの場合、判断は産婦人科によって異なるでしょう。もちろん産婦人科によってはそれでも処方をしてくれることはあるでしょうし、海外では...